Webサイトランキングトップに戻る

賃貸不動産情報スマホサイトランキング[2022年1月]

前のページへ戻る

iDeCoサイトランキング2022年1月

総評

ノミネートについて

「Gomez賃貸不動産情報スマホサイトランキング」では、インターネットを通じて個人向けマンション、アパート、戸建て賃貸住宅の各物件情報の閲覧および、問い合わせが可能な日本国内の不動産情報サイトをノミネートしています。具体的には、下記のノミネート基準を満たすウェブサイトを調査対象としています。

  • ウェブサイト上で個人向け賃貸住宅の情報を提供していること
  • 広い地域にわたる不動産物件情報を提供していること
  • 不動産会社から物件情報の提供を受けていること(但し不動産情報サイトから受けている場合も、一定の基準を満たす場合は含む)
  • その他、当社調査において一定以上の水準を満たすこと

上位サイトの特徴

総合第1位は、LIFULL HOME'S(運営会社:LIFULL)となりました。カテゴリ別では、「サイトの使いやすさ」、「情報量とコンテンツ」、「便利な機能・サービス」の3カテゴリで1位を獲得し、「安定性と信頼感」で5位を獲得しています。
検索方法の選択肢の多さ、使い勝手のよさ、物件詳細画面の情報量に加えて、現地情報などの関連情報の充実度が高得点につながっています。また、物件の検索結果一覧では「したい暮らし」のタグ情報から絞り込みが可能で、ユーザーに新しい探し方を提案するサービスも見受けられます。
検索項目の指定時に、「必須」「できれば」の2段階で設定ができる、自分が現在住んでいる物件をもとに物件探しをスタートできるなど、他社にはないユニークな機能・サービスも充実しています。

総合第2位は、SUUMO(運営会社:リクルート)となりました。カテゴリ別では、「サイトの使いやすさ」のカテゴリで2位を獲得し、「情報量とコンテンツ」、「安定性と信頼感」「便利な機能・サービス」の3カテゴリで3位を獲得しました。
検索方法が充実しており、トップページからフリーワード(駅名や市区郡、物件名)で検索ができる、路線図から探すことができることが特徴のひとつです。
物件の詳細画面では、基本情報はもちろんのことスーパーや学校、病院などの生活情報が提供されています。これらの周辺施設までの距離や徒歩分数情報を掲載して、ユーザーが物件周辺のイメージを掴みやすいように工夫が施されています。
また、コラムや読み物コンテンツが豊富に揃っており、テレワークが快適な物件についての特集コンテンツなど、ユーザーに役立つ質の高い情報を幅広く提供しています。

総合第3位は、アットホーム(運営会社:アットホーム)となりました。カテゴリ別では、「情報量とコンテンツ」「安定性と信頼感」「便利な機能・サービス」カテゴリで2位を獲得しています。
物件検索結果の一覧では、地図表示へ切り替えができるなど他社にはあまり見られない機能を備えています。また、「学校名から探す」検索手法は、検索対象を大学に限っているサイトが多い中、全国の保育園、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学、各種専門学校までと幅広い種別に対応しています。初めて訪れる土地勘のないエリアで物件を探しているユーザーにとって物件を探す際の手助けとなる便利な機能です。

全体的な傾向

不動産賃貸情報サイト全体として、ウェブサイト改善の動きは活発で独自のサービスを展開する動きも増えています。上位サイトでは検索軸や条件設定の機能等は既に充実しており、最近では、人工知能による自動分析・提案機能、マッチングサービスなどに新たなサービス・機能が増えてきています。さらに、リモートワーク(テレワーク)を前提とした物件の選び方等、ユーザーにとって有用なコンテンツ・記事についても各社において拡充されています。
機能・サービスが拡充される一方で、サイトのパフォーマンス(表示速度・安定性)が各社共通の課題として見受けられます。利用者にとって表示速度は重要な関心事の一つであり、トップページだけでなく検索結果の表示や物件情報の表示など全ての画面において今までよりも速い表示速度が求められるでしょう。

前のページへ戻る

ページの先頭に戻る