Webサイトランキングトップに戻る

賃貸不動産情報アプリランキング [2018年8月]

前のページへ戻る

賃貸不動産情報アプリランキング2018年8月

総評

ノミネートについて

「Gomez賃貸不動産情報アプリランキング」では、iOSを対象とし、賃貸不動産物件情報の閲覧および、問い合わせが可能な日本国内の不動産情報アプリをノミネートしています。 具体的には、下記のノミネート基準を満たすアプリを調査対象としています。

  • 個人向け賃貸住宅の情報を提供していること
  • 広い地域にわたる不動産物件情報を提供していること
  • 不動産会社から物件情報の提供を受けていること(但し不動産情報サイトから受けている場合も、一定の基準を満たす場合は含む)
  • その他、当社調査において一定以上の水準を満たすこと

上位企業の特徴

Gomez賃貸不動産情報アプリランキング総合第1位は、LIFULL HOME'S(運営会社:LIFULL)となりました。
カテゴリ別では、「情報量とコンテンツ」と「安定性と信頼感」の2カテゴリで1位を獲得しています。
マイページを起点とした構成が特徴的です。保存済み条件やお気に入り物件リストのほか、物件契約完了までの「やることリスト」で進捗状況を一目でわかるなど、再訪しやすい機能を多く用意しています。
ログイン後は、保存済み条件や閲覧履歴などがウェブサイトとアプリ間で連携されるので、利用者の利便性向上につながっています。
また、AR(拡張現実)技術を活用し、部屋のサイズを測ることができる機能のほか、建物にカメラをかざして対象物件の空室情報の有無を検索できる機能など、新たな技術を取り入れた質の高いサービスを提供している優れたアプリです。

総合第2位は、SUUMO(運営会社:リクルート住まいカンパニー)となりました。
カテゴリ別では、「アプリの使いやすさ」と「便利な機能・サービス」の2カテゴリで1位を獲得しています。
SUUMOでは、なぞって探す検索やおさんぽ検索など、複数の検索機能を用意しています。 例えば「なぞって探す」検索は、利用者が地図上の任意の場所を指でなぞって線を囲み、その範囲内にある物件を地図上に表示することができるもので、感覚的に楽しみながら利用できるユニークな検索機能です。
また、遠隔地からの物件探しが容易になるとともに、時間の大幅な短縮ができるため利便性の向上が期待されている「IT重説」※の対応物件検索が可能になっています。現状では、他の不動産情報アプリのほとんどが未対応の中、積極的に取り入れている姿勢は評価できます。

総合第3位は、アットホーム(運営会社:アットホーム)となりました。
アットホームの検索機能は、利用者が探しやすい工夫が見られます。例えばフリーワード検索では、検索キーワードにエリアや学校名のほかスポット名称にも対応しています。そのほか最初の1文字を入力すると候補ワードが表示されるサジェスト機能を実装し、利用者が目的の物件を見つけやすいよう配慮しています。
またお気に入り登録物件は、お気に入り度合いを自由に設定できるほか、利用者が自由に書き込めるメモを表示できるなど利用者の使いやすさに配慮した良いアプリです。

※2017年10月宅地建物取引業法が改正され、これまで宅地建物取引士が必ず対面で行うことが義務化されていた賃貸取引に関して、一定の要件を満たすことにより、重要事項の説明がインターネット等を利用した対面以外の方法で賃貸借契約における重要事項説明を行うこと。(2016年11月24日発表)

全体的な傾向と課題

不動産情報アプリ全体的な傾向として、他社との差別化を図り独自のサービスを盛り込んでいるアプリが多く見られます。上位のアプリでは、最新技術AR(拡張現実)を利用し、新たなサービスを展開する取り組みが積極的になされています。
会員サービスを提供しているアプリでは、登録済み検索条件やお気に入り物件情報をウェブサイトと連携することで、様々な閲覧デバイスを利用しているユーザーも再訪しやすい配慮がされており、利便性の向上につながっています。

今後、ますます人工知能などによる機能の充実が見込まれる中、多様化したユーザーニーズや潜在ニーズをとらえた検索軸の用意をし、提案型のサービスを展開するとともに、常にユーザーの視点に立ったアプリづくりが望まれます。

前のページへ戻る

ページの先頭に戻る