Webサイトランキングトップに戻る

オンライン証券ランキング[2010年1月]

クリック証券

顧客タイプ別得点・順位

顧客タイプ 得点 順位
オンライン総合型 6.40 9
アクティブトレード重視型 7.32 4
バイ&ホールド重視型 4.59 -
モバイルサービス 4.75 -

カテゴリー別得点・順位

カテゴリ 得点 順位
サイトの使いやすさ 8.36 2
サイトの安定性と信頼感 5.73 -
投資情報の充実度 4.99 -
金融商品の幅広さ 3.02 -
便利な機能・サービス 3.67 10
総費用 9.67 2

前のページへ戻る

ランキングレビュー

クリック証券は2006年に旧GMOインターネット証券として立ち上げられた、インターネット専業証券会社だ。現在は社名をクリック証券と変更しているが、新規参入の際に打ち出した業界有数の割安な手数料体系は健在だ。

サービスの特徴

クリック証券は「総費用」(=手数料の安さ)のカテゴリで第二位を獲得した手数料の安さに大きな特徴がある証券会社だ。クリック証券では「1約定ごと」「1日定額制」の2つのプランが用意されているが、両プランともほとんどの価格帯で最安・ないしは最安水準という魅力あるプランを提供している。投資額の大小や取引頻度などユーザーによって様々な使い方があるが、あらゆるケースにおいて手数料メリットを実感できる手数料体系となっている。

また、手数料面だけでなく「サイトの使いやすさ」カテゴリでも第二位を獲得している。取引サイトの改善がなかなか進まないことも多い証券会社のなかで、ユーザーが快適に利用できるよう積極的な改善が行われていることもクリック証券の隠れた特徴の一つとなっている。

サイト構造の特徴

クリック証券のウェブサイトは、ユーザーにとって直感的に操作が行えるような仕掛けが用意されているのが特徴の一つだ。株取引においては、注文状況を表示する「板」をクリックすれば、「いくらで」・「買うのか売るのか」をマウスだけでスピーディーに入力することが可能となっている。また、注文数量の指定や、指値の上げ下げの微調整もマウス操作のみでできるなど、ユーザーがマウスとキーボードを持ち替える回数が少なく済むようになっている点も長所だ。

そのほか、取り扱うあらゆる金融商品の取引について、通常の証券口座と共通のID・パスワードで一括ログインできる「シングルサインオン」が採用されていることにも触れておきたい。他の証券会社では、FXや日経225先物取引などの商品については、通常の証券取引サイトとは別のログインID・パスワードで、別途のログインが必要となる場合も多い。このような場合、ID等の管理が煩雑になるうえに、ログインの手間が別途かかってしまう点がデメリットとなる。クリック証券はシングルサインオンによってそのような手間を軽減している点においてもユーザーにとって親切なサイトとなっている。

(本レビューは、2010年1月20日時点のサービスに基づいております)

前のページへ戻る

ページの先頭に戻る