Webサイトランキングトップに戻る

国内旅行関連サイトパフォーマンス測定ランキング [2018年8月]

パフォーマンス測定結果

当社独自に選定した旅行関連20サイトのトップページのレスポンス、可用性を測定した結果を発表します。サイトごとに平均値を算出し掲載しております。
測定は、本業界繁忙時期にあたる、2018年7月23日から29日までの1週間にわたり実施しました。

旅行関連業界は、近年特に競争の激しい業界です。近年はモバイルサイトや関連アプリケーションが増加し、国境を超え利用されています。
一方で、検索から予約、支払いまで行える旅行関連サイトのパフォーマンス改善は、これら企業にとって大きな課題です。
優れたオンラインサービスにとって「サイト表示速度」は、より重要な指標となりました。
ページの読込に3秒以上かかると53%のサイト訪問者が離脱することも判明しています。(2016年5月Google発表)

「サイトのコンテンツが充実していても画面表示に時間がかかる」「サイトが表示されるまで、待ってみたが接続エラーになる」等、パフォーマンスの遅延はサイト訪問者に離脱の機会を与えてしまいます。
Webを取り巻く環境の変化に合わせたサイトパフォーマンス施策を講じ、一定量測定し数値化することも今後のWeb対策として重要です。

サービス名 Response
(秒)
FirstPaint
(秒)
DOM Interactive
(秒)
DOM Complete
(秒)
Availability
(%)
Byte Download
(KB)
01. 東日本旅客鉄道(JR東日本) 1.248 0.570 0.334 0.742 100.000 1,962
02. えきねっと 1.506 1.027 0.894 1.264 99.849 1,067
03. 一休.com 3.587 0.975 0.985 1.983 100.000 4,809
04. RETRIP(リトリップ) 3.710 1.458 1.406 2.529 100.000 2,158
05. icotto 4.147 1.215 1.563 3.125 100.000 2,647
06. dトラベル 4.203 0.536 1.645 2.938 100.000 5,857
07. Yahoo!トラベル 4.251 1.126 1.273 2.811 100.000 1,915
08. 楽天トラベル 4.653 1.156 1.333 2.969 100.000 1,596
09. 4travel 4.948 0.813 1.172 3.065 100.000 3,804
10. 日本航空(JAL) 5.210 0.759 0.646 1.773 100.000 3,275
11. ジェイティービー(JTB) 5.214 0.910 1.260 2.939 100.000 5,801
12. そとあそび 5.293 2.271 2.367 3.436 100.000 6,079
13. コモリブ 5.693 3.980 4.135 4.714 100.000 1,006
14. じゃらんnet 5.845 0.686 1.431 2.126 96.992 3,506
15. クラブツーリズム 5.888 0.684 1.578 2.337 100.000 4,002
16. PlayLife 5.895 1.239 1.026 2.444 100.000 1,459
17. Travel.jp 5.983 1.128 1.441 3.718 99.849 2,660
18. Booking.com 6.170 1.653 2.612 3.143 100.000 2,663
19. るるぶトラベル 6.325 0.864 1.419 2.803 99.545 2,309
20. トリバゴ 6.535 1.378 1.247 1.755 99.699 768

【測定条件】
測定ツール:Dynatrace Synthetic Monitoring
測定拠点:東京NTT、大阪KDDI
測定ブラウザ:Internet Explorer 11
測定対象ページ:PCサイトのトップページ

各サイトの平均応答時間(Response Time)は、1.248秒から6.325秒の分布となりました。
当社推奨平均応答時間2秒を超えるサイトは、高負荷時のサイトダウンなど稼働の不安定を招く原因となります。
また、20%のサイトにおいて、サイトの稼働率を表す可用性(Availability)が100%を下回りました。
他業界と比較しても可用性の低さが目立ちます。
よりグローバルなスケールを目指す旅行関連サイトの課題といえます。

オンラインサービス利便性を高めるポイント

  1. (1) 想定するユーザーのアクセス地域から、測定用の設備が整った環境で計測する
  2. (2) 測定結果からパフォーマンス向上に効果的なボトルネックを見つける
  3. (3) 継続的に自社環境、外部環境のパフォーマンスを監視、状況に合わせ利用サービスを検討する

サイトパフォーマンスベンチマーク:6つの指標

Average Response Time(秒)

期間中における平均応答時間です。この値はNavigation Start から Load Event Endまでの時間です。

First Paint Time(秒)

HTMLドキュメントとCSSを解析し、レンダーツリー構築後、描画を開始した時間です。

DOM Interactive Time(秒)

DOMの構築が完了した時間です。通常、この時点で画面操作が可能になります。

DOM Complete Time(秒)

画面を構成する要素全てのダウンロードが完了した時間です。

Availability(%)

測定期間中、エラー(タイムアウトエラー等(測定時の設定値は60秒))にならずに測定完了した割合です。

Byte Download(KB)

画面を構成する要素の総ダウンロード量です。

Gomezのサイトパフォーマンス測定・改善サービス

Gomezでは貴社の状況に合わせ、パフォーマンス監視ASPサービス、パフォーマンス改善コンサルティングのサービスをご提供しています。

ページの先頭に戻る