Webサイトランキングトップに戻る

海外ツアー旅行サイトランキング[2008年1月]

阪急交通社

カテゴリ別得点・順位

カテゴリ 得点 順位
総合得点 6.41 12
サイトの使いやすさ 6.97 9
情報量とコンテンツ 6.58 12
サイトの安定性と信頼感 8.03 7
便利な機能・サービス 4.41 10

前のページへ戻る

ランキングレビュー

2008年1月発表、海外ツアー旅行サイトランキング総合第12位は、阪急交通社が獲得した。阪急交通社ホームページでは、国内・海外のパッケージツアーのほかに、国内宿泊、海外航空券などの予約に対応している。

海外旅行トップページには、ユーザーの目にとまる位置に大きめな世界地図がFlashで用意され、目的のエリアをクリックすると詳細な地図に表示が切り替えられる。ユーザーは詳細な地図もしくは地図の右側にリストアップされた一覧から目的の国を選択して、該当する国へ行くパッケージツアーの検索が可能である。
行き先のエリアを指定すると、阪急交通社では、ダイレクトにツアー一覧を開くのではなく、エリアごとに用意されたトップページを経由させることで、そこから該当するエリアに合ったテーマを選択してツアーを絞り込めるほか、オススメのツアーを紹介するなど、ユーザーがどの商品を選んだらよいのかを補助してくれる情報が用意されている。
そのほかの検索方法としては、新聞広告に掲載されたツアーを一覧表示するページや、コース番号からの検索にも対応している。

ツアー詳細ページでは、あらかじめサーチャージや空港使用料金など旅行代金以外に必要な金額を具体的に表示してくれるので、ユーザーは旅行にかかる総額が把握しやすく、親切な表示がされている点も評価できる。ただし、ツアー詳細ページから、ツアーで訪れるエリアの観光情報へのリンクが用意されていないのが残念な点である。もう少し詳しい情報を知りたい場合に、観光情報などへとリンクが用意されていると、ユーザーは重宝するので、今後の機能追加に期待したい。

独自のサービスとして、阪急交通社では、RSSリーダーが組み込まれたタブブラウザ「TB-8」を提供しており、ユーザーは無料で利用できる。同社が発行しているメールマガジンも、このブラウザを通して閲覧できるなど、最新の情報をいち早く入手できるのがこのツールの特徴で、阪急交通社のウェブサイトを使い込みたいユーザーに適した便利なツールである。

このように阪急交通社では、オリジナリティのあるツールやRSSでの情報配信など、新しい技術を用いたサービスを積極的に導入しており、インターネットを使いこなすユーザー向けのサービスも充実している総合旅行サイトである。

(このレビューは2008年1月4日時点のサービスに基づいています)

前のページへ戻る

ページの先頭に戻る