Webサイトランキングトップに戻る

ESGサイトランキング[2020年]

積水化学工業株式会社

得点・順位

カテゴリ 得点 順位
総合得点 8.28 2
ウェブサイトの使いやすさ 8.70 7
ESG共通 9.12 2
E(環境) 7.80 11
S(社会) 8.77 12
G(ガバナンス) 6.62 50

前のページへ戻る

ランキングレビュー

積水化学工業株式会社(以下「積水化学工業」)は、総合ランキングは2位、全体を通して上位だが、特にESG共通に関する情報カテゴリでも2位という高評価となっている。一方で、G(ガバナンス)に関する情報カテゴリでは50位に留まった。

積水化学工業が掲げる新中期経営計画「Drive 2022」ではESG経営の実践を柱としており、企業情報、IR情報を含んだウェブサイト全体からESG分野への注力が伺える。
コーポレートサイトのトップページには、「世界で最も持続性の高い企業100社(2019 Global 100 Most Sustainable Corporations in the World index)」選出がサイト上部に設置されたスライドショーに先頭で登場し、ESGにおける外部評価の高さをアピールすることに成功している。また、ESG関連項目を網羅する総合的なサイトマップを配置し、検索性・利便性にも優れたウェブサイトとなっている。

積水化学工業のウェブサイトでは、中期経営計画とは別に、事業と一体となったCSR推進を目的にCSR中期計画を掲載している。CSR中期計画では、重要課題を分類し、それぞれに応じて目標、実績、自己評価を一覧で可視化している。

気候変動をはじめとする各種環境活動では5年以上の時系列データや取り組み事例を図解化・概要説明が詳細に掲載されており、積水化学工業の継続的な取り組みがうかがえる。

一方で、G(ガバナンス)に関する情報カテゴリにおいては、全取締役・監査役の経歴掲載といった基本的な経営情報について、より充実した掲載が必要と言える。

(このレビューは2020年5月1日時点の各社サイトにもとづいています。)

前のページへ戻る

ページの先頭に戻る