Webサイトランキングトップに戻る

ESGサイトランキング[2020年]

コニカミノルタ株式会社

得点・順位

カテゴリ 得点 順位
総合得点 7.84 9
ウェブサイトの使いやすさ 8.63 12
ESG共通 9.07 4
E(環境) 4.34 92
S(社会) 8.88 9
G(ガバナンス) 7.59 23

前のページへ戻る

ランキングレビュー

コニカミノルタ株式会社(以下コニカミノルタ)は、総合ランキングは9位となった。E(環境)に関する情報カテゴリの92位を除いて、全ての情報カテゴリで高い評価を得ている。

コニカミノルタは、弊社が毎年実施するGomez IRサイトランキングにおいて2018年度、2019年度と連続して1位を獲得しており、ウェブサイトを通したIR活動について非常に優れた実績を有する。

CSRページにおいては、掲載箇所や掲載方法については改善の余地があるが、網羅的に必要かつ十分な情報が掲載されている。また、SDGsに特化した動画やCSRレポートの掲載も行っており、あらゆる手法を用いてユーザーへ情報提供しようとする姿勢が伝わってくる。
ESG共通カテゴリにおいては、特に幅広く詳細な情報が盛り込まれており、GRIガイドライン他各種ガイドラインの対照表も細やかに掲載されている。 S(社会)に関する情報カテゴリでは、環境から福祉、芸術・文化など多岐にわたる社会貢献活動について写真と合わせて一覧を掲載しており、視認性の高い情報掲載となっている。
また、多様なビジネスソリューションを提供していることもあってか、労働環境改善への取り組みにおいても非常に充実した情報掲載となっており、高い評価に繋がっている。

気になる点としては、CSRサイトがコーポレートサイトとは異なるデザインで構成され、主要メニューの形状や機能も異なっている点が挙げられる(ガバナンス関連の情報はコーポレートサイトに遷移する状態になっている。)。
CSRサイト単体で見ると、配置するメニューの選択や場所が的確で、必要な情報を見つけやすいデザインとなっているものの、あらゆるユーザーの利便性を考慮すると、デザインの統一化や構成などを検討する必要があるだろう。
その他に課題となるのは、E(環境)カテゴリに掲載される情報の多くがPDF形式である点だ。ウェブサイトの閲覧性の向上の観点から、環境方針など主要な情報はHTML形式での掲載が望まれる。

(このレビューは2020年5月1日時点の各社サイトにもとづいています。)

前のページへ戻る

ページの先頭に戻る