Webサイトランキングトップに戻る

ESGサイトランキング[2020年]

伊藤忠商事株式会社

得点・順位

カテゴリ 得点 順位
総合得点 8.16 3
ウェブサイトの使いやすさ 8.70 7
ESG共通 9.07 4
E(環境) 5.84 61
S(社会) 8.61 19
G(ガバナンス) 8.12 9

前のページへ戻る

ランキングレビュー

伊藤忠商事株式会社(以下「伊藤忠商事」)は、総合ランキングは3位となり、特にESG共通において7位という高評価になった。一方で、E(環境)に関するカテゴリでは61位、S(社会)に関するカテゴリでは19位に留まった。

伊藤忠商事は、企業理念「三方よし」に立脚し、本業を通じた社会課題の解決に貢献することを目指し、各カンパニーは「サステナビリティアクションプラン」に基づき、事業を通じた取組みをより一層強化している。

サステナビリティサイトは、環境、社会、ガバナンスの各ページメニュー(ESGレポート)を大きく配置しており、視認性も実用性も高いデザインとなっている。また、CEO、COOによるトップメッセージだけでなく、担当役員のメッセージも掲載しており、サステナビリティに対する積極的な取り組み姿勢の訴求に成功していると言える。

更には、SDGsとマテリアリティを併記しながら、自社の目標、取り組み、成果指標や進捗度合いを一覧化しているため、視認性が高く、全体像を理解しやすい。また、アニュアルレポートのサステナビリティ等に関する項目をHTML化するなどサステナビリティ分野への実効性をアピールすることに成功している。

一方で課題もある。ウェブサイトの使いやすさに関するカテゴリでは、視力が弱いユーザーに対する色彩コントラストへの配慮が一部で不足している。その他に、各種外部評価の掲載については、取り組みの信頼性を上げるための効果的なアピールツールであるため、可能な限りロゴと合わせて掲載することを推奨したい。

(このレビューは2020年5月1日時点の各社サイトにもとづいています。)

前のページへ戻る

ページの先頭に戻る