サイトパフォーマンス測定・改善

サイトパフォーマンスの定義

サイトパフォーマンスは、1.表示速度、2.稼働率、3.一貫性の3要素で構成されています。

表示速度は、Webページにアクセスしてから、完全にページが表示されるまでの時間です。GomezではPCサイト・モバイルサイト・スマートフォンサイトともに、2秒以内の表示速度を理想としています。

稼働率は、ページ稼働率とオブジェクト稼働率からなります。経済産業省のSaaS業者向けガイドラインでは、ページ稼働率99.9%以上がケースシナリオとして紹介されています。

一貫性は、時間・地域等によらず表示速度が一貫して安定していることです。表示速度のばらつきを調べるためには継続的なパフォーマンス監視が必要です。

サイトパフォーマンスがサイト運営に与える影響

ECサイトにおいて表示速度が遅いことは、コンバージョン率の低下をもたらすだけではなく、ユーザーの再訪問率の減少も招きます。情報サイトやコーポレートサイトにおいても、サイトのブランディングの観点やユーザーへのカスタマーサポートの観点から、安定したサイトパフォーマンスが重要です。

表示速度が1秒遅くなると、ページビューは11%低下、コンバージョン率は7%低下、顧客満足度は16%低下します。(Aberdeen Group調べ)

Gomezのサイトパフォーマンス測定・改善サービス

Gomezでは貴社の状況に合わせ、1.パフォーマンス監視ASPサービス、2.パフォーマンスレポートサービス、3.パフォーマンス改善コンサルティングの3種類のサービスをご提供しています。

お問い合わせ

ご質問・ご相談や資料送付のご要望がございましたら、下記よりお問い合わせください。

営業時間内のお問い合わせは当日中に当社担当者よりご回答申し上げます。営業時間後は翌営業日でのご回答となります。

ページの先頭に戻る